日常を疾走しろ─Eastern Youth「夏の日の午後」

「夏の日の午後」は日本のロックバンド,Eastern Youthのアルバム「旅路ニ季節ガ燃エ落チル」(1998年) に収録されてる曲.

Eastern Youthのことは詳しくは知らない.当時は日本の「ハードコア」という位置付けを何かで見たんだけど,聴いてみたらハードコア・パンクでは全然なく,(インディーズシーンで活動してるとはいえ)むしろ本格派ロックバンドだなという感じがした.

最初に彼らのことを知ったのは,テレビ(MTVジャパンかな)でPVを見た時だった.アメリカのバンドSonic Youthを意識したようなバンド名と,曲の疾走感が記憶に残って,ある日CD屋でCDを手に取ってみたらジャケットも最高だった.即座に買うことを決め,帰って聴いたらやっぱり良かった.

若干のノイジーさ,日常を想起させる疾走感,ダークでありながら詩情豊かな歌詞と独特のメロディー,活発に旋律を奏でるベースに見事にはまった.中でも,とにかく歌詞がいい.日本でこんな暗い現実認識をこんなリリカルに歌うバンドがいたことに感動した.

「夏の日の午後」はアルバムの1曲目で,そういうインパクト──特に決して楽しくはない日常を疾走する感覚──をガツンと与えてくれる.

| 音楽::名曲/名盤::ロック | 23:19 | comments (0) | trackback (0) | permalink |

このエントリをシェア: このエントリをdel.icio.usに追加 このエントリをGoogle Bookmarksに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップ twitterにつぶやく Check

コメント

コメントする








トラックバックURL

トラックバック


<< より最近のエントリへ 以前のエントリへ >>

search

blog.noiz.net サイト内検索
powered by Google

recent entries

recent comments

recent trackback

miscellaneous


(ケータイでの閲覧用QRコード)

twitter
(私のツイッター)

last.fm
(私のプレイリスト)

flickr
(私のアルバム)

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
(このブログのスクリプト)
以下はフィード登録用.

follow us in feedly

My Yahoo!に追加

livedoor Readerに追加

RSS 1.0
(記事冒頭のみ配信中)

RSS 2.0
(記事全文を配信中)

archives

<前月 2018年06月 次月>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

categories

links