No Joyデビュー作は魅力的なノイズロック

カナダ出身の女性2人がフロントを務めるバンド,No Joyのデビューアルバム "Ghost Blonde" (2010年) を購入した.ノイズギターを多用しつつもポップなところのある魅力的なロックに仕上がっていると思う.以下,簡単に感想などをメモ:

このアルバムは「デンマークのジザメリ」とも称されるバンド,The RaveonettesのSune Rose Wagnerがミックスを担当したもので,ノイジーでポップな音楽性は確かにThe Raveonettesとも相通じるものがある.ただ,No Joyの方がかなりアグレッシブなように感じた.

アルバム1曲目 "Mediumship" は元気なThe Breedersをもっとノイジーにした感じ.4曲目 "You Girls Smoke Cigarettes?" や8曲目 "Still" も1990年代のオルタナティブロックをすごくノイジーにしたような趣の曲になっている.

また,No JoyのJasamine White-GluzはSonic YouthやLushからの影響にも言及している(カナダ誌Montreal Mirrorの記事参照).確かにアルバム6曲目 "Hawaii" はSonic Youthを思わせる混沌のノイズロックだし,3曲目 "Maggie Says I Love You" の幻想的な感じはLush譲りかもしれない.

一聴したところではメロディーがそれほど豊かではない印象も残るけど,全体的に非常にノイジーかつポップで魅力的.The Jesus and Mary Chain(ジザメリ)ファンよりは,アメリカのオルタナが好きだった人におすすめかなと思う.

No JoyのMyspace: www.myspace.com/nojoy

| 音楽::その他ノイズポップ | 20:49 | comments (0) | trackback (0) | permalink |

このエントリをシェア: このエントリをdel.icio.usに追加 このエントリをGoogle Bookmarksに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップ twitterにつぶやく Check

コメント

コメントする








トラックバックURL

トラックバック


<< より最近のエントリへ 以前のエントリへ >>

search

blog.noiz.net サイト内検索
powered by Google

recent entries

recent comments

recent trackback

miscellaneous


(ケータイでの閲覧用QRコード)

twitter
(私のツイッター)

last.fm
(私のプレイリスト)

flickr
(私のアルバム)

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
(このブログのスクリプト)
以下はフィード登録用.

follow us in feedly

My Yahoo!に追加

livedoor Readerに追加

RSS 1.0
(記事冒頭のみ配信中)

RSS 2.0
(記事全文を配信中)

archives

<前月 2018年05月 次月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

categories

links