A Sunny Day in Glasgowが最近のお気に入り

最近,アメリカのバンドA Sunny Day in Glasgow(公式サイトはここ,MySpaceはここ)のアルバム "Scribble Mural Comic Journal"(2007年)をちょっと気に入って何回か聴いてる.以下,簡単に紹介.

お気に入りの度合いはAsobi Seksuほどではないけど(Asobi Seksuについては以前のエントリのこれこれ参照).

A Sunny Day in Glasgowの音楽は何とも表現し難いんだけど,ギターとシンセで作り出されたノイジーでアンビエントな空間の中で女性ボーカルがたゆたうサイケデリック電子ドリームポップって感じかな.シューゲイザーという形容もよくされてるみたい.

アルバムの最初の方を聴いて何となく思い出したのは,The KLFの古典的なアンビエント・ハウス作品 "Chill Out"(1990年).アルバム中盤の曲 "5:15 Train" では,スコットランドの霧がかかった高山地帯を思わせる(って行ったことないけど)音響世界から,やはりアンビエント・テクノと言っていいであろうLFOの曲 "Loch Ness"(96年)を思い浮かべた("5:15 Train" の方が断然スリリングで好き).

とりあえず一部の楽曲をテクノになぞらえてみたけど,彼らの音楽は全面的にテクノというわけでは全然ない.アルバム3曲目の "A Mundane Phonecall to Jack Parsons" はMy Bloody Valentineなどのシューゲイザー・バンドにも通じるところのあるロックだし,アルバム終盤の "Things Only I Can See" からも同じような印象を受けた.

あと,アルバム全体を通じて,何ていうか無邪気でポップなメロディーに歌が乗せられているように感じた.その無邪気さには何となくAphex Twinに通じるものがあるようにも思った.

このアルバムはどちらかというと珍味だとは思うけど,このエントリの中で挙げたアーティストが好きな人なら,A Sunny Day in GlasgowのMySpaceのページ(ここ参照)で彼らの楽曲を1度試聴してみてもいいかも.

| 音楽::その他ノイズポップ | 0:36 | comments (0) | trackback (0) | permalink |

このエントリをシェア: このエントリをdel.icio.usに追加 このエントリをGoogle Bookmarksに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップ twitterにつぶやく Check

コメント

コメントする








トラックバックURL

トラックバック


<< より最近のエントリへ 以前のエントリへ >>

search

blog.noiz.net サイト内検索
powered by Google

recent entries

recent comments

recent trackback

miscellaneous


(ケータイでの閲覧用QRコード)

twitter
(私のツイッター)

last.fm
(私のプレイリスト)

flickr
(私のアルバム)

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
(このブログのスクリプト)
以下はフィード登録用.

follow us in feedly

My Yahoo!に追加

livedoor Readerに追加

RSS 1.0
(記事冒頭のみ配信中)

RSS 2.0
(記事全文を配信中)

archives

<前月 2018年05月 次月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

categories

links