"Munki" Revisited

"Munki" は1998年に発表されたジザメリの最後のアルバム(6枚目).

アルバムの最後に収録された "I Hate Rock'n'roll"(以前のエントリで紹介したシングル)を除き,ノイズはほとんどないんだけど,全体的に荒涼とした風景を見せるアルバムになってる.ネガティブな歌詞が多いのは相変わらずで,曲調も比較的ダークな感じがする.

明るい歌詞も一部にあるし,中期の "Automatic"(以前のエントリ参照)や "Honey's Dead"(以前のエントリ参照)に近いポップな曲調の楽曲も入ってはいるけど,中期のようなハイな感じは全然しない.そういう感覚を通過して再び現実を見つめてるような印象を受ける.

このアルバムについてはジザメリの集大成という評価がある.確かに,

・原点に戻ったように装飾を排した曲("Crackin' Up" や "Black")

・中期の作品に典型的だったキャッチーなデジタルビートを配した曲("Birthday" や "Virtually Unreal")

・同じく中期のようなポップなロック("Supertramp" や "Dream Lover")

・前のアルバム "Stoned & Dethroned"(以前のエントリ参照)で示してみせたようなアコースティック曲("Never Understood")

…がバランスよく収録されてて,そのすべてが彼ららしい楽曲になってる.その点で,ジザメリのファンならきっと楽しめるとは思う.

ただ,ノイズを求める人はこのアルバムに不満を感じるだろうし,普通のロックを求める人にとってこのアルバムは荒削りでしかもダークな感じがするだろう.そんなわけで,あまり一般の人に勧めようとは思わない.自分は結構好きだけど.

| 音楽::ジザメリ::revisited | 23:41 | comments (0) | trackback (0) | permalink |

このエントリをシェア: このエントリをdel.icio.usに追加 このエントリをGoogle Bookmarksに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップ twitterにつぶやく Check

コメント

コメントする








トラックバックURL

トラックバック


<< より最近のエントリへ 以前のエントリへ >>

search

blog.noiz.net サイト内検索
powered by Google

recent entries

recent comments

recent trackback

miscellaneous


(ケータイでの閲覧用QRコード)

twitter
(私のツイッター)

last.fm
(私のプレイリスト)

flickr
(私のアルバム)

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
(このブログのスクリプト)
以下はフィード登録用.

follow us in feedly

My Yahoo!に追加

livedoor Readerに追加

RSS 1.0
(記事冒頭のみ配信中)

RSS 2.0
(記事全文を配信中)

archives

<前月 2018年09月 次月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

categories

links